ネットワークエンジニアの目標と心構え

どんな仕事においても、キャリアプランニングをしっかりしてどのようなキャリアパスを経て目標に向かっていくかというイメージを持つことは大事だ。

日々の業務を行う上で、最終目標を常に忘れない心構えが必要であるし、一足飛びにそこにいくことはできないことをよく理解して、どのような業務をしていけばキャリアパスに繋がるかを常に考えるという心構えを持つことも大事だろう。特に、エンジニアの業務ではその点が重要になるはずである。

エンジニアは、現在のスキルが現状の業務に合致していれば仕事をする上で困ることはないだろうし、それなりに評価を得ることもできる。しかし、技術進歩のスピードが速いため、将来の目標を持っていないと自分を高めることを忘れてしまい、いつの間にか自分のレベルが相対的に下がってしまうことがあり得るだろう。

例えば、ネットワークエンジニアであれば、ネットワーク関連のメーカーに関する知識の蓄積や、製品ごとのスキルを身に着けるだけでは不十分だ。最終目標が大規模ネットワークシステム構築のプロジェクトリーダーであれば、そのために保守、管理、運用といったより現場に近い業務を体験してみる等の戦略的な仕事選びが必要になる。

そういった考えは、キャリアプランニングに沿って将来の目標を実現させたいという心構えがないと浮かんでこないかもしれない。自分を成長させるのは他の誰でもなく自分の心構え次第だと考えてみるといいだろう。ネットワークエンジニアの将来性やエンジニアならではの悩みごとなど情報サイトからぜひヒントを得てもらいたいと思う。

アーカイブ

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930